小顔で綺麗になっちゃおう【筋肉自体を小さくしなくては改善】

筋肉が原因のエラ張り改善

鏡を見る人

ドクターの技術力が大切

顔が大きく見える原因は脂肪や骨格の問題と考えている方もいるかもしれませんが、中には筋肉が大きく発達したことにより大きく見えている場合があります。顔には様々な筋肉があり、物を食べたり話をしたりする際にその筋肉を使用し動かしているでしょう。エラ張りなどは咬筋が発達した場合も多く、咬筋を小さくすることで顔全体を小さく見せることが出来、シャープな印象をつくることが出来ます。そこで大変役立つの場ボトックス注射です。ボトックス注射を注入することで、メスなど使用せずに小顔をつくることが出来るでしょう。このボトックスには筋肉を動かす命令が届きにくくする働きがある為、筋肉の動きを少なくすることが出来、最終的にはその筋肉を小さくすることが出来ます。そのため、筋肉が発達した部分にこのボトックス注射を利用することで、筋肉自体を小さくすることが出来ます。ボトックス注射は非常に単純な施術ではありますが、どの場所にどの程度の量を注入するかによっても仕上がりに大きな差が出てくるでしょう。左右のバランスを整えるのであれば、右と左に注入する量を微妙に調整する必要がありますし、実は熟練の腕を必要とする施術でもあります。もし注入量を間違ってしまえば理想通りの小顔をつくることが出来ないばかりか、量が多すぎてしまうと表情が出しにくいなどの副作用が出てしまう場合もあるので、クリニックを選ぶ際は技術力の高いドクターがいるクリニックを選ぶことが大切です。そうすることで満足のいく仕上がりの小顔を手に入れることが出来るでしょう。ボトックス注射の小顔施術はカウンセリングから施術終了まで1時間程度で終えることが出来ます。施術自体は10分程度になるので、あっという間に終わってしまいます。施術後は患部を冷やして終わりになりますが、あまり患部を強く押したりマッサージをしたりするのはやめましょう。せっかくのボトックスが押してしまうことで余計な部分にまで広がってしまう可能性があります。それを防ぐ為にもあまり触らないようにしましょう。また、ボトックス注射で小顔をつくる場合は筋肉が原因で大きな顔になっている場合に有効です。骨格の問題や脂肪がついていることで顔が大きく見えている場合は効果がありません。自分でも筋肉が原因なのか分からない場合もあるので、まずはクリニックで相談してみましょう。施術後はメイクをすることも出来ますが、あまり肌に負担をかけないようにすることも大切です。施術後は肌が敏感になっている状態なので注意しましょう。ボトックス注射をした箇所が少し痛む場合もありますが、時間の経過と共に改善することがほとんどです。ボトックス注射は副作用が少なく安全な施術としても有名です。しかしどんな施術であっても副作用が100%ないとは言い切れません。ボトックス注射の場合もまれに副作用が出てしまう場合がありますが一時的な場合が大部分です。もし症状が長く続く場合や、日常生活に支障があるなど気になる症状がある場合は出来るだけ早くクリニックに相談しましょう。クリニックではアフターフォローもしっかり行ってくれるところも多くなっているのでぜひ利用しましょう。